猫との引越しで気をつけること

仕事や家庭の関係で引越しが決まった時、新しい環境になることは縄張り意識の高い猫ちゃんにとっては大きなストレスですよね。猫ちゃんのストレスを少しでも軽減できるよう、引越しの注意をしっかり把握しましょう。







引越し前

猫を安全な場所へ移動させる

当日は引越し業者さんが出入りしたりバタバタと大きな音がでるので、猫ちゃんが怖がってしまいます。ドアも開放しているので、脱走してしまう可能性も。ペットホテルに預けるか、業者さんが入ることのないバスルーム、空いている部屋へ隔離しましょう。この時、猫ちゃんが使っているタオルや毛布など自分のにおいがするものも一緒にしてあげると安心します。トイレも忘れずにおいてください。




業者に猫がいることを伝える

引越し業者さんに依頼する場合は、猫がいることを伝え、間違って開けないよう扉に貼り紙をしておくと◎です。




引越し先へ慎重に移動

移動が車ならば、猫ちゃんをキャリーケースに入れます。この時、ケースにお気に入りのおもちゃを入れたり、大きめのタオルでケースを覆ってあげましょう。長距離移動の場合は、空気の入れ替えや水分補給をして、こまめに休憩をとりましょう。




引越し後

まずは空き部屋一室に放してあげる

新しい新居へ移動したら、まずは猫ちゃんを1番に。片付けが落ち着くまでは、荷物の搬入がない一部屋などに入れてあげましょう。




隠れてしまっていても無理に構わない

猫ちゃんによってですが、新居にすぐ慣れてくれる猫ちゃんもいれば、臆病な猫ちゃんや、前の家に慣れ親しんでいた高齢の猫ちゃんは時間がかかってしまう事も。結婚や出産で同居人が増える場合は、ベットの下などから中々出てきてくれないかもしれませんが、猫ちゃんのペースに合わせることが大切です。




慣れてきたら自由に探索させてあげる

猫ちゃんが出てきてくれたら、ゆっくりと探索させてあげて、安全な場所だということを気づかせてあげましょう。猫ちゃんの居心地のいいスペースが見つかるといいですね。




まとめ

新居には新しい家具を揃えたくなりがちですが、猫ちゃんのにおいがする引越し前の家具をそのまま使ってあげた方が良いですね。引越し先の動物病院のチェックもお忘れなく!